よくある質問

  • 解体工事について
  • 解体工事の流れ
  • よくある質問

解体工事前にどのようなことをしておくと良いですか?

転居前に以下のような撤去工事を行ってください。お引越し時にお客様自身で止められることをお勧めいたします。
◆浄化槽の汲み取り ◆電話移設と電気引込み線の撤去 ◆LPガス・都市ガスの撤去
などの管轄である電話局、電力会社、ガス管理会社などへ連絡したうえでご対応ください。

不用品が残っているのですが、一緒に処分していただけますか?

一般廃棄物の処分もご対応しています。
但し、ご自分で運搬が可能場合には、行政関係へご連絡し処分したほうが安価に処理出来る場合もございます。
家電リサイクル法に定められた製品につきましては、弊社でも勝手に処分することができませんので、お買い求めになったお店に回収を依頼していただくか、その対応が困難な場合には弊社で回収代行をいたします。
(リサイクル料金と運搬費用が別途かかりますので予めご了承ください。)

近隣への挨拶はどうしたら良いでしょうか?

弊社工事担当・営業担当が約1週間前にご近所様へご挨拶いたします。
工事中の苦情・質問があった場合には、丁寧に対応しますのでご安心ください。

地元に住んでいない場合でもご依頼できますか?

はい、大丈夫ですのでご依頼ください。
解体に係わる書類につきましては郵送で行い、現地調査は弊社スタッフがしっかりと確認のうえ、見積り書を作成いたします。
ご近所への挨拶も責任もって対応いたしますので、ご安心ください。

追加料金が発生するケースはどんな時ですか?

基本的に工事前に現地調査・打合せをしっかりと行いますので、追加料金が発生することはありません。
ですが、お見積り段階で、現地調査がない場合や情報が少ない場合、工事途中での新規作業依頼などで追加料金が発生することがあります。

工期はどのくらいですか?

建物の立地条件や天候などによっても異なりますが、延床面積が30~40坪前後(一般家庭)のものでしたら、1週間~10日間程度となります。

解体後の手続きについて教えてください。

解体工事終了後、ご要望のあるお客様には建物滅失登記申請に必要となる弊社の印鑑証明・履歴事項全部証明書・建物滅失証明書をお渡ししています。
それらの書類はご本人様が法務局で手続きされるか、または専門家(土地家屋調査士や行政書士)に登記申請を依頼されることをお勧めします。(有料)

支払い方法について教えてください。

工事終了後にお客様からの完了確認をいただき、確認後お振込み口座をお教え致しますのでお振込のご対応をお願いいたします。

建物で出た廃棄物について教えてください。

がれき類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず・金属くず(付着物)などその他の廃材も、契約している中間処理場へ持ち込みます。

解体工事後に駐車場にしたい場合、舗装工事や基礎工事もお願いできますか?

解体工事後の整地、地盤改良工事、駐車場舗装、ガレージ工事、基礎工事などもお任せください。
駐車場のタイプによって金額も変動しますので、予めご相談ください。

解体後、土地を平らにすることもできますか?

解体工事後の整地も大丈夫です。
解体後に土を足す必要がある場合などは別途お見積りが発生いたしますので、予めご了承ください。

工事中に事故が起きた場合の補償について教えてください。

工事保険に加入している為、保険金で補てんしますのでご安心ください。

店舗やビルなどの解体もお願いできますか?

はい、承ります。内装解体も対応しておりますので、ご相談ください。

現地調査は、できるだけ立ち会った方が良いでしょうか?

スケジュール的にご都合がつくようでしたら、ぜひ立ち会っていただきたいと思います。
弊社スタッフとお客様が一緒に工事内容の確認をしておくと、より正確なお見積り金額をご提出でき、また近隣への配慮も行えます。